湯シャンプーがベタベタするのは自然です!その理由とは?

スポンサードリンク

14e9925c0892a418a760559c55fcd9ec_s

湯シャンプーをしてて最初の頃は
頭皮がベタベタすると思います。

でもこれはすごく自然のことで
ちゃんと理由があります。そのことさえ
知っておけば安心ですよね。

それではなぜ湯シャンプーで頭皮が最初の頃
ベタベタするのかをお話していきますね。

スポンサードリンク

ベタベタの原因は皮脂

考えてみれば当たり前なのですが
頭皮がベタベタする原因は皮脂です。

管理人も湯シャンプーを取り入れる前は
普通に市販のシャンプーを使って洗髪してました。

しかしシャンプーを使うことにより余計に
皮脂を分泌させているという事実を知ってから
すぐに湯シャンプーに切り替えました。

その仕組みとはこうです。
①シャンプーで洗髪する

②頭皮の皮脂がすべて洗浄される

③脳が皮脂が無くなったと異常を察知して
頭皮に皮脂を補充しようと指示をだす

④皮脂腺が発達して皮脂が分泌される

⑤結果、皮脂の過剰分泌となる

ようはシャンプーをつかうことにより
結果、余計に皮脂を作り出してしまう
という皮肉な結果になってしまうのです。

またもうひとつ大事にポイントがあります。
それは頭皮に存在する皮膚常在菌の存在です。

この皮膚常在菌には大事な役目があり
頭皮を弱酸性の環境に保ってくれています。

この弱酸性の環境があることで外敵の雑菌の
侵入を防いでくれているのです。いわゆる
皮膚常在菌はバリア機能を果たしているわけです。

そしてココが重要なのですが皮膚常在菌は
皮脂をエサにして生活をしています。

もう一度いいます。
皮膚常在菌は皮脂を食べて生きています。
そう皮脂です。

つまり皮膚常在菌と皮脂は持ちつ持たれつの
共存共栄の関係で成り立っているのです。

人間の身体というのは実に色んなものと
密接に関係して生命を維持しているのだと
つくづく感心してしまいます。

しかしです!
その皮脂と皮膚常在菌をシャンプーは
その強い洗浄力ですべて洗浄してしまうわけです。

シャンプーしたあとの頭皮は皮脂も皮膚常在菌も
存在しない砂漠のような状態です。

これでは外敵の侵入を防ぐこともできませんし
紫外線からのダメージももろに受けてしまいます。

またなにより皮脂がないので頭皮が乾燥して
フケなどで頭皮が炎症をおこしさらにダメージを
大きくしてしまう可能性が非常に高くなります。

でも、そもそもシャンプーを使って洗髪しなければ
このようなことは起きないですよね?というわけで
管理人も現在、湯シャンプーに切り替えています。

経験者からひとつアドバイスさせて頂くと
湯シャンプーにした始めの頃は頭皮がベタベタします。

でもこれは頭皮の皮脂が元の状態に戻ってきている
証拠なので安心してください。

この頃の頭皮は皮膚常在菌がまだ完全に
元の状態に戻っていないのです。
そう皮脂を食べてくれる皮膚常在菌です。

皮膚常在菌も元の状態に戻れば皮脂を食べだすので
頭皮のベタベタも治まってくるはずです。

あと余談ですが湯シャンプーにすると
リンスとかコンディショナーも必要なくなります。
皮脂を必要以上に落とすことがなくなるからですね。

皮脂って天然のオイルだということを
あらためて認識すると思います。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)