ブドウ糖の摂りすぎが抜け毛につながるのは本当?

スポンサードリンク

152858

ブドウ糖の摂りすぎが抜け毛につながるのは本当?
そんな疑問をお持ちの方もいるかもしれませんね。

結論からいうとブドウ糖を摂りすぎると
体内のタンパク質がAGEというものに変わり
結果、身体がどんどん老化していきます。

そして糖の摂りすぎによってタンパク質が
AGE化するとそのAGEが活性酸素の発生量を
増やしてしまうという悪循環を引き起こします。

スポンサードリンク

活性酸素をあらためて考えてみる

わたしたち人間は酸素を体内に取り込んで
食事で取り込んだ栄養素を燃焼することで
エネルギーをつくりだしています。

しかしこの過程で100%酸素を使いきることができず
およそ2%が活性酸素にかわってしまいます。

活性酸素は酸素よりもはるかに強い酸化力を持ちます。
酸化といえばサビですよね。

活性酸素は触れたものをたちまちサビにしてしまうほどの
酸化力を持っていることをまずイメージしてください。

しかし、そんなに危険な活性酸素を我々の身体は
なぜ作り出してしまうのでしょうか?

活性酸素の役割

じつは活性酸素はその強い酸化力で
体内に侵入した外敵の雑菌やウイルスを
退治する役割を持っています。

そして私たちの身体も活性酸素を無毒化する
機能を持っています。しかしその機能にも
限度はあります。

つまり限度を超えた活性酸素は私たち身体の
健康な細胞まで酸化させてしまうため老化や病気
となる原因をつくりだしてしまうのです。

また頭皮が活性酸素に攻撃された場合、
頭皮が老朽化し、十分な栄養も摂れなくなる
ばかりが老廃物が蓄積していくことになります。

そうなれば髪を作り出す毛母細胞の元となる
毛根幹細胞が死滅し、もはや新しい髪の毛を
生みだすことすらできなくなります。

以上のことから活性酸素を必要以上に
発生させないためにはAGEの原因となる
糖の摂取を抑えなくてはいけません。

AGEは本来、キレイなタンパク質が砂糖で
まぶしたようにベタベタな状態になっています。

この状態で血管や細胞組織にべっとりと
貼りつくため体外になかなか排出されません。
想像すればわかりすよね?

ではAGE化しないためにはどうすればいいか?
それは糖化しないものを食べることです。

具体的にいうと白米・パン・うどん・ラーメン
など精白したものはNGです。またお菓子類も
これらに含まれます。

つまり白いものを主食としないことです。
白米なら玄米を食べるようにするということですね。

いわゆる白い主食群は糖質を一気に摂りやすいので
AGEが体内に蓄積しやすくなるため要注意です。

基本的には蒸す・煮る・生の料理を
増やすことでAGEの増加を減らすことができます。

ただし電子レンジでの加熱料理はAGEを増やすことに
なるので注意が必要です。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)