りんご酢は育毛に効果があるのか?

スポンサードリンク

e964c5a13ae8f444a06563838efd745a_s

りんご酢は育毛によいと聞いたことがあるけど
ホントなのかな?そんな疑問をもった方も
いると思います。

それでは今回は、りんごに隠された秘密と
お酢がもっている育毛効果について
お話してみたいと思います。

スポンサードリンク

まずは、お酢から。
お酢は当然ですが酸味が強いですよね?
つまり酸性です。

正常な状態の頭皮には皮膚常在菌というものが
棲みついています。かれらは頭皮を弱酸性にして
外敵からの侵入を防いでいます。

外敵となる雑菌類は酸性の環境下では
生きていけないからですね。

そして皮膚常在菌のご飯は皮脂です。
皮膚常在菌が余分な皮脂を食べることで
皮脂をコントロールしているようなイメージです。

さらに皮脂と汗が結合すると皮脂膜という
バリアをつくり紫外線や外敵の侵入を防ぎます。

つまり皮脂と皮膚常在菌は
頭皮を弱酸性に保つために
不可欠な存在なのです。

もちろん、髪の毛も弱酸性です。
ですがシャンプーはアルカリ性のものが多いです。
弱酸性のものもありますが、いずれも
界面活性剤が配合されています。

アルカリ性のシャンプー使い使い続けると
外敵の雑菌はもちろんですが弱酸性の状態を
保っているはずの頭皮もダメージを受けます。

そして界面活性剤の影響は深刻です。
この化学物質の特徴は強力な洗浄力があるからです。

頭皮がキレイになるのだから歓迎したいところですが
あまりにも洗浄力が強すぎて、皮脂などの汚れとともに
皮膚常在菌までも一緒に洗い流してしまいます。

つまり、イイものも悪いものも区別なく
根こそぎまとめて洗い流すということです。

先ほど、正常な状態の頭皮は皮脂と皮膚常在菌が
適量存在していると言いました。

ではシャンプーを使って全て洗い流してしまった
頭皮は正常な状態といえるでしょうか?

言えませんよね??

それでは頭皮が異常な状態だと察知した脳は
いったいどんな行動を起こすと思いますか?

答えは急激に失われた皮脂を補おうと
皮脂腺を刺激して大量に皮脂を作り出します。

これが過剰な皮脂ができる原因です。
つまりシャンプーでの洗いすぎが原因です。
そこで天然成分のお酢の登場です。

お酢はアミノ酸をたっぷり含んでいるため
髪の毛や頭皮を弱酸性の状態に戻してくれます。

またお酢には血液をサラサラにしてくれる効能があり
頭皮の血行促進に効果が期待できます。それにシャンプーと
違って副作用もないですしね。

さらにリンゴには、りんごポリフェノールというものが
存在します。主にりんごの皮の部分に多く含まれます。

このりんごポリフェノールには

・血行を促進する効果
・抗酸化作用

が期待できます。

お酢とともにりんごポリフェノールには
血行を促進させる効力があるので頭皮の
血行改善に役立ちます。

また抗酸化作用により活性酸素を抑制する
効果も期待できます。

活性酸素といえば老化の原因となるものです。
頭皮や頭皮の毛細血管が老化してしまえば
髪の毛の成長に必要な栄養が十分に
行き渡らなくなってしまいます。

この問題をりんごポリフェノールが解決して
健やかで丈夫な髪の毛が育つようになるのです。

ということでお酢とりんごポリフェノールには
育毛に必要な要素が備わっていることがおわかり
頂けたと思います。

それなら、りんご酢にしてしまえば
育毛に関して一石二鳥ではないか?
そう考えるのも当然ですね。

お酢だけでも育毛という面で期待大ですが
さらにりんごポリフェノールを併せることで
抗酸化作用も期待できるのでより効果的です。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)