40代になってしわ・薄毛・老化が突然きた男性がしてること

スポンサードリンク

38eeae2ae9507cf54301fb914bb03663_s

わたしは現在、44歳。
40代に入ると体のあちこちに
変化が生じてきます。

しわも増えましたし体の節々が傷んで
老化が進んできました。またなんといっても
薄毛の悩みが一番深刻です。

スポンサードリンク

当時、薄毛で悩んでいたわたしの
頭髪状態がこちらです。

image

そして現在の状況がこちらです。

image9

以前は髪の毛の分け目とかつむじ周りの
薄毛がひどくて地肌が見えている状態でした。

ですが今は髪の毛にもコシ・ハリが戻り
髪の毛のボリュームもかなり戻りました。

私が取り組んでいる方法はシャンプーを
使わずにお湯だけで洗髪する湯シャンと
育毛剤と育毛サプリの使用です。

ただ育毛剤と育毛サプリには毎月14000円ほど
お金をかけています。

金額的に負担が大きいと思う方も
いるかもしれませんが育毛サロンや
AGA治療にかかるとこれの倍以上は軽くします。

個人的にはお買い得だったなと
思っています。

そうはいってもまだ自己投資するのは
考えたいという人もいると思うので
まずはシャンプーを使う洗髪をやめてみては?

これだけでもシャンプーの化学合成物質が
頭皮に接触することはないので効果的です。

お湯だけでもある程度の汚れなどは
洗い流せますので。そのための皮脂です。

皮脂は頭皮にとって悪玉のように
扱われていますが、皮脂は天然のオイルです。

皮脂のおかげで肌や髪の毛は潤い
乾燥が防がれています。

しかしシャンプーは皮脂を根こそぎ
洗い流すほどの強い洗浄力を持っています。
丁度、いい具合に皮脂を残すことはしません。

ここで脳は皮脂がなくなると皮脂腺を刺激して
皮脂を元の状態に戻そうと大量の皮脂を出すよう
指示を出します。

そうなると逆に皮脂が過剰に分泌されるばかりか
皮脂腺を刺激するために栄養が使われてしまいます。

本来、髪の毛の成長に使われるはずの栄養が
皮脂の分泌に使われ、なお且つ皮脂が過剰になるため
テカリやベタツキの原因となってしまうのです。

これでは本末転倒ですよね?
そうならないためには皮脂をすべて洗い流してしまう
シャンプーの使用を止めてみることです。

慣れない方は、毎日使用しているシャンプーの
回数を少しずつ減らしていってみましょう。

そうすれば頭皮の状態が少しずつ
正常に戻り、通常のヘアサイクルに戻ります。
根気よく続けてみてください。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)