びまん性リンスひつよう?心配ならリンスをやめてみよう!

スポンサードリンク

35f578068a8df017c813215a9d5e9d3e_s

びまん性にはリンスがひつよう?
そんな疑問をお持ちの方もいるかも
しれませんね。

びまん性脱毛症は男性型脱毛症(AGA)の
女性版ともよばれFAGAとも言います。

男性が頭頂部などでいわゆるM字ハゲになる
のに対してびまん性脱毛症は頭髪が全体的に
薄くなっていきます。

ある部位が部分的に薄毛が進行するわけではないため
びまん性脱毛症の進行具合を把握することは
なかなか難しい反面、病状がわかった時には
かなりの深刻な状況になっていることが多いです。

スポンサードリンク

びまん性脱毛症は更年期前後から
その症状が出始めます。

更年期は加齢によって起こる老化現象なので
びまん性脱毛症が起きやすい状態にあります。

そのため、びまん性脱毛症が起きても
加齢によるものと諦めがちなのですが
加齢以外にも原因があります。

それが過度のヘアケアです。

この記事を読んでいる方は
シャンプーやリンスを毎日
お使いの方がほとんどだと思います。

テレビのCMなどでリンスやコンディショナーは
傷んだキューティクルを修復するという役割で
紹介されていると思います。

実際、髪の毛の表面はキューティクルという
細胞で覆われています。

キューティクルは髪のタンパク質や
水分が抜けないようにコーティングされ
また外界からの悪影響を受けないための
バリア機能も担っています。

キューティクルは細胞が6~8枚ほど
密着して重なりあって形成されているため
顕微鏡でみるといわゆるウロコのような形をしています。

このようなウロコ状になったキューティクルが
正常な状態で、髪の健康を守り、ツヤもよくなります。

それでは傷んだキューティクルの原因となるのは
いったい何だと思いますか?

紫外線や外敵と考えられていますが
そもそもキューティクルにダメージを
与えているのはシャンプーです。

シャンプーに含まれている化学物質には
強力な洗浄力があり、これが皮脂を
根こそぎ取り除きます。

皮脂がすべて悪のようにとらえられていますが
皮脂は天然の潤い成分です。

余分な皮脂はたしかに洗い流さなければ
いけませんが、必要な皮脂はキューティクルを
守ってくれています。

ためしにシャンプーだけで洗髪を
終わらせてみてください。

髪がゴワゴワしませんか?
あれは皮脂が洗い流されているためと
キューティクルが傷んでいるからです。

リンスやコンディショナーはこの
ゴワゴワをなくすために使われます。

リンスなどにはシリコンなどの
保湿剤が配合されています。

保湿剤は皮脂のかわりに髪の毛を
コーティングします。

髪の毛がしっとりサラサラになるのは
シリコンなどの保湿剤のおかげです。

しかしどんなに良いものでもシリコンは
化学物質ですので天然のキューティクルの
代わりにはなりません。

またリンスやコンディショナーは
その髪の毛の保湿や香りを残す使い方が
多いため、軽く洗い流すだけです。

つまり化学物質を髪や頭皮に残しやすい
状態にあるということです。

こうなると保湿剤は頭皮の毛穴に詰まりやすくなり
結果的に髪や頭皮の呼吸を妨げます。

最近

・髪が細くなった
・髪にコシがなくなってきた
・髪の毛のボリュームが少なくなった
・抜け毛が増えた

という自覚症状が出て来た場合
まずお使いのリンスやシャンプーを
見直すことが肝心です。

理想は完全にシャンプーやリンスの使用をやめ
お湯だけで洗髪する湯シャンですが
いきなり切り替えるのは無理だと思います。

まずは毎日、使用している回数を
2日に1回などして徐々に減らしていきましょう。

始めは髪の毛がベタベタすると思います。
これは皮脂が過剰な状態になっているからですが
しばらくすると頭皮の皮膚常在菌が元の状態に戻ります。

皮膚常在菌は皮脂をエサにしていますので
皮脂を正常な状態に戻してくれます。

こうなればあとは余分な皮脂はお湯でも
十分に洗い流せます。

自分がびまん性かな?と感じ始めたら
まずはシャンプー・リンスの使用を止めて
この方法を取り入れてみることをおススメします。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)