シャンプーを使わない洗髪に切り替えたボクの体験談

スポンサードリンク

048458

シャンプーを使わない洗髪ってなんだか
最初は勇気がいりました。

長年、シャンプーを使って髪や頭皮を
洗うのが当たり前だと思っていましたから。

でも考えてみれば、シャンプーがない時代では
お湯や水で身体を洗ったり洗髪をしていたわけですから
ごくごく自然のことなんですよね。

スポンサードリンク

結論からいうとシャンプーを使わない洗髪でも
ぜんぜん問題ありません。
むしろより丁寧に洗髪できるようになりました。

具体的にはぬるま湯のシャワーで髪の汚れやほこり
頭皮の毛穴汚れと指先の腹の部分で円を描くように
やさしくマッサージします。

所要時間は最低でも5分以上。
おそらく5分から長い時は10分以上の時間
をかけて洗髪しています。

シャンプーをしてた頃は
シャンプーを頭皮に直接つけて
髪の毛をガシガシすることで
泡立てていました。

今考えるとゾッとします。

自分で頭皮を傷つけてその上
シャンプーの化学物質を頭皮に
塗り込んでいたわけですから。

シャンプーを使うと指のすべりが良くなるせいか
髪の毛や頭皮を洗うのも雑になりがちですが
お湯だけで洗うと丁寧にしかも優しく洗うようになります。

これは自分のなかでは大きな発見でした。

お湯だけで洗う洗髪方法はとにかく頭皮に
ストレスを与えないよう時間をかけて
じっくりと優しく洗ってあげることが重要です。

さらに最近ではお湯だけでなく
最後に水で洗髪する方法も
取り入れています。

こうすることでお湯で開いた毛穴を
キュっと引き締める効果もありますし
髪の毛のキューティクルにも同様の
効果があるそうです。

また人間は恒温動物なので体温を一定に
保とうする特徴があるのでそれを利用します。

つまり水をかけるとその部分の温度が下がるため
体温を上げようと脳が指令を出して血液をドンドン
流そうと指示をだします。

つまり血行がよくなるわけですね。
頭皮の血行がよくなれば髪の毛の成長に
必要な栄養が行き渡るので一石二鳥です。

最後の仕上げに水洗髪を取り入れるようになった
当初は体がびっくりして馴染めませんでしたが
今ではまったく大丈夫になりました。

人間ってその状況下に置かれると適応できるように
なっているのだとつくづく感じます。

もし抜け毛が増えてきたと実感してきている方は
まずはシャンプーを疑って使わないようにしてみましょう。

人間には自分の力で再生する能力が生まれつき
備わっています。シャンプーを使わないことは
本来の頭皮環境に戻すという意味合いもあります。

今ではお湯での洗髪が本来の洗髪方法だとさえ
思えるようになりました。

わたしたち人間が本来もっている生命を
維持するための力を今一度、信じてみましょう。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)