糖質制限は発毛効果をサポートしてくれる?

スポンサードリンク

078c1f05284a057394976db731de5428_s

糖質制限は発毛に効果があるのか?
そんな疑問を持ってあるアナタが
このサイトに訪れてくれたと思います。

そもそも糖質とはなんでしょう?
それには炭水化物=糖質+食物繊維という図式
がなりたちます。

たとえば玄米から精米して食物繊維を
削ぎ落とした白米がまさに糖質です。

ほかにも白い小麦や白い砂糖も精製して
食物繊維を削り落したものになります。
このような食材は糖質の塊になります。

スポンサードリンク

なぜ糖質が薄毛につながるのかというと
AGEというキーワードが考えられます。

AGEはたんぱく質と糖質が結合した最終型で
端的にいうと老化の元凶です。

なぜならいったんAGEになってしまうと
元のタンパク質や糖質に分裂することが
できなくなるからです。

AGEは別名「ごみタンパク質」とも呼ばれ
AGEがある部位は老化がドンドン進行していきます。

アンチエイジング界でもAGEは危険視されています。
コラーゲンにAGEが溜まれば肌のくすみやたるみが
進行するからです。

コラーゲンもタンパク質の一種です。

コラーゲンはそれこそ皮膚や筋肉・内臓・骨
関節・など全身のあらゆす細胞組織に存在し
細胞同士をつなぎとめる働きをしています。

そんなコラーゲンにAGEが蓄積してしまうと
コラーゲンがつなぎとめていた肌の組織も
重力に負けて、たるみやシワが増えてくるのです。

これは何もアンチエイジングだけの
問題ではありません。

頭皮にもコラーゲンは存在しています。
コラーゲンはは細胞同士を糊のようにくっつける
働きのほかに細胞組織を整然と正しく並べる働きもあります。

これがAGEが蓄積したコラーゲンでは
細胞が破壊された状態になり結果
頭皮環境が乱れてしまいます。

元気のない頭皮(AGEが蓄積した頭皮)では
髪は成長に必要な栄養素も水分も十分に
得ることができません。

さらに髪の毛自体もタンパク質の塊ですので
AGE化が進めば抜け毛だけでなく、生えている
髪の毛もコシがなくヘナヘナした弱ったものになります。

そこでこの環境を改善するために糖質を制限する
ことが望ましいのです。

AGEの発生量を増える仕組み

人間の身体が栄養を吸収するところは腸ですが
食物繊維をもたない糖質は腸ですぐに吸収されてしまい
結果、血糖値がいっきに上がります。

大量の糖が血液中に一気に入ってくると
糖がエネルギーに変換されずにあふれてしまいます。
このあふれた糖がAGEになるのです。

もともと綺麗なタンパク質が砂糖をまぶしたような
ベトベトになったものがAGEだと思ってください。

AGEは血液にのって体のすみずみにまで行き渡り
そこで血管や組織にべったりとくっついてしまうので
なかなか体外に排出されなくなります。

こうなるとどんどん細胞が弱ってしまうため
細胞の老化が進んでしまうのです。

ですので発毛効果を実感するためには
まず糖質を制限することから始めてみましょう。

ここで勘違いして欲しくないのですが
糖質制限カロリー制限はまったくの別物です。

冒頭でお話した白米や白い小麦類・白い砂糖など
糖質の塊を制限しましょうということであって
カロリーの総数を気にすることはありません。

食事のたびにカロリーを制限して
イライラしてしまったら本末転倒ですから。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)