キャピキシルってどんな成分ですか?また育毛にどんな効果があるんですか?

スポンサードリンク

f6495c2e0fbf1d2ad12b58c5fc57a885_s

Q.キャピキシルってどんな成分ですか?
また育毛にどんな効果があるんですか?

A.キャピキシルは最近、注目されるようになった
発毛効果があるとされる有効成分です。

キャピキシルは日本で開発されたものではなく
カナダの化粧品会社で開発された発毛成分です。

スポンサードリンク

キャピキシルは天然由来の成分でありながら
発毛の効果が化学的に検証できるとして
近年急速に注目されるようになりました。

自然由来の成分というところから副作用の
心配が極めて少ないというのがAGA治療薬と
大きく異なる点だと言えますね。

キャピキシルの成分

キャピキシルは

・アカツメクサ花エキス
・アセチルテトラペプチド3

という成分が組み合わさったものが
キャピキシルと定義されます。

それではまずアカツメクサから
お話していきます。

アカツメクサは別名レッドクローバーの名で
親しまれているマメ科の多年生植物です。
元々は薬用ハーブとして活用されてきました。

この記事の冒頭の画像でご紹介したのが
アカツメクサです。ほかにもシロツメクサや
紫詰草などがあるそうです。

アカツメクサの花から抽出されるエキスには
ビオカニンAという成分が含まれています。

このビオカニンAという成分は脱毛を促進してしまう
悪の塊「男性ホルモンDHT」を生成する要因となる
5αリダクターゼ還元酵素を阻害する効果が確認されています。

その効果は、AGA治療薬でも知られているプロペシアなどの
主成分であるフィナステリドと同様の効果があると
言われています。

さらに、それが化学的な化合物からではなく
天然由来の成分から得られるということで
注目を浴びるようになりました。

次に、アセチルテトラペプチド3についてです。

アセチルテトラペプチド3は抜け毛の原因とされる
炎症性サイトカインを抑制する働きがあります。

炎症性サイトカインによって毛乳頭にある細胞が
攻撃されて死滅してしまうことから抜け毛が進行
してしまうのですが・・・

炎症性サイトカインは男性ホルモンDHTや化学物質
紫外線、内的・外的ストレスなどで分泌が増加する
と言われています。

またアセチルテトラペプチド3は髪のもとである毛包と
毛包を包み込んで髪の毛の成長を活性化させる周囲の
タンパク質組織を活性させる働きも持ち合わせています。

このアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3の
2つが組み合わさって初めて発毛・育毛成分として高い
効果を発揮するキャピシルとなるのです。

キャピキシルと認められるには厳格な基準が設けられていて
キャピキシル成分が3%以上含有されているものに限り
原料メーカーから認証エンブレムが付与されるほどです。

近年では、THE SCALP 5.0CやDeepr 3Dという育毛剤
にこのキャピシルが配合されるようになりました。
ちなみに当サイトの管理人もTHE SCALP 5.0Cを愛用しています。

キャピシルの効果

キャピキシルは脱毛ホルモンによる毛根衰退と
ヘアサイクルを正常化させることで毛母細胞を
復元させる作用があるとされています。

つまりキャピキシルには
・脱毛を止める作用
・毛根復元による発毛作用
の働きがあるのです。

しかしキャピキシルによって毛母細胞が
修復されたとしても、毛母細胞に栄養分を運ぶ
血液の流れが悪ければその効果を得ることは難しいです。

その場合には、血管拡張効果を持つ
ミノキシジルが配合された育毛剤を交互に
使うことで発毛効果が高くなる場合もあります。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)