大豆イソフラボンの効果は髪の毛を育ててくれる高い抗酸化力で活性酸素の害を消す!

スポンサードリンク

e0239341d83d6c3c5324f8385291a209_s

女性ホルモンには、毛髪を育てる働きがある
ことは以前にもこのサイトでお話しました。

女性にとっては、この女性ホルモンが
50歳前後で激減するといわれています。

つまり、女性だからといって女性ホルモンが
激減するこの年齢が薄毛になるかどうかの一つの
分岐点ともなるのです。

スポンサードリンク

女性ホルモンの原料

女性ホルモンも原料となるのは
コレステロールです。

ただし、主要な女性ホルモンであるエストロゲンは
テストステロンやDHEAなどの男性ホルモンから
変換されてつくられています。

納豆やイワシなどDHEAを増やす食べ物を
ふだんの食事からとっておくことは
女性の薄毛を防ぐ上でも大事なことです。

さらに納豆だけでなく、大豆製品を日頃から
十分にとっておくことも薄毛の予防改善には
とても効果的です。

大豆製品の栄養素

大豆製品にはイソフラボンという
栄養素が含まれます。

イソフラボンはエストロゲンと
分子構造がよく似ていて、エストロゲンの
作用を一部代わって行ってくれています。

つまり、閉経してエストロゲンが激減しても
イソフラボンを豊富にとっておくことで
その働きを補うことができるのです。

さらに、日頃から大豆製品をきちんと
とっている女性は、乳がんになりにくい
というデータもあります。

最近、芸能人の女性の間で乳がんを発症した
というニュースをよく耳にします。

乳がんの定期検診をうけるとともに
こういった大豆製品を積極的に食べることも
とても重要なことです。

大豆製品は男性にとっても重要

大豆製品を食べることは男性にとっても
とても重要なことです。

それはイソフラボンが女性ホルモンのような
働きをして毛髪力を高めてくれるからです。

イソフラボンの摂取量はどのくらい?

それでは、どのくらいイソフラボンを
とると良いのでしょうか?

食品安全委員会の報告では、1日に75㎎ほど
イソフラボンをとると良いとしています。

具体的には

・豆腐であれば1丁
・納豆なら2パック
・豆乳なら200mlパックを2本

程度の量となります。

ところが実際には、日本人の1日のイソフラボン
の平均摂取量は30mgといわれています。じつに
半分以下しか摂れていないのです。

これではイソフラボンの働きを十分は
期待することはできませんよね?

毛髪力を高めるためには、いま食べている
大豆製品の倍の量をとるよう普段の食事から
改善していきましょう。

一方、イソフラボンの健康効果が注目を浴び
これをサプリメントや飲料した商品が世の中に
数多く販売されるようになりました。

しかし、基本的にサプリメントなどでの
摂取はおススメしません。というのはイソフラボンは
食事から摂取するのが望ましい栄養素だからです。

とくに閉経前の女性が過剰に摂取すると
血中ホルモン量が乱れて、生理周期にも
影響を及ぼしかねません。

さらにひどくなると、子宮内膜症を
発症する危険性も高まります。

イソフラボンの摂取量を増やすことは
サプリメントなどに頼らなくても
さほど難しいことではありません。

1日の食事であれば

・毎食の味噌汁に豆腐を加える
・毎朝納豆を1パック食べる
・おやつの時間に豆乳を1パック飲む

この程度のことでイソフラボンの摂取量は
十分に事足りるのです。

イソフラボンもフィトケミカルの一種

イソフラボンもフィトケミカルの一種で
高い抗酸化力を持っています。

高い抗酸化力があるということは
髪の毛の成長を阻害する活性酸素の
害を消してくれます。

それに加えて、女性ホルモンのように働いて
毛髪力を高めてくれるイソフラボンを豊富に含む
大豆製品はぜひ積極的に食べて欲しいものです。

我が家では冷奴の上に納豆をのせて
食べるレシピが好評です。

カツオ節やネギ、青シソをかけて
食べるとさらに美味しくなりますよ。
一度、試してみてください。

豆腐納豆で抜け毛を防ぎましょう。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)