薄毛・抜け毛・白髪解消に卵の薄皮ローション!その秘密はシスチンなどアミノ酸にあり!

スポンサードリンク

093446

巷で注目を浴びているのが卵の薄皮を使ったものを
ローションとして使う方法です。

自宅で簡単に育毛剤が作れるということで
実践される方も多いとのこと。

それでは、なぜ卵の薄皮ローションが髪を
健康にするのでしょう???

スポンサードリンク

答えは卵の薄皮に含まれている成分に秘密があります。
卵の薄皮は毛髪を作るアミノ酸を多く含んでいる
というのをご存知でしょうか?

卵の薄皮には髪の毛を作るのに不可欠な
シスチンやメチオニンなどのアミノ酸が含まれていて
これらが頭皮の栄養になると考えられています。

・髪の毛=作物
・頭皮=畑

によく例えて考えてみるとわかると思います。

元気で健康な作物を作るには、よく耕された
肥沃な土壌の畑が必要になります。

つまり、髪の悩みを解決するためには頭皮の健康
これが何よりも一番、大事なのです。

毛穴が詰まって汚れていたり、頭皮の血流が悪かったりすると
髪の毛の元となる毛母細胞に栄養が届かず、抜け毛や薄毛に
つながるのです。

これを改善するのが卵の薄皮というわけです。

また、ローションを作る際に、使用する焼酎に含まれる
アルコールも毛穴に詰まった脂汚れを溶かすとともに
頭皮の血行を改善する働きがあります。

【卵の薄皮ローションの口コミ・体験談】

◆50代 Aさん(女性)

子供の頃から、髪が少なく頭皮にピッタリと
へばりついたような感じだったAさんは自分の髪が
長年のコンプレックスでした。

40代以降になると、頭頂部の地肌が透けて見え
分け目が年々広がっていくのが気になっていました。

そこで卵の薄皮ローションを額の生え際から頭頂部まで
タップリとつけ、すり込むように軽くマッサージしました。

すると、なんと3日後には生え際の髪が立ちあがるように!
さらに数日後には産毛もたくさん生えてきたのです。
産毛はその後も伸び続け、しっかりとした太い毛に成長。

それを見たAさんのお母さんも卵の薄皮ローションを試してみたところ
以前は白髪のほうが多かったのが、黒い毛が増えただけでなく
髪にもボリュームが出てきているそうです。

◆57歳 Bさん(男性)

Bさんが加齢とともに、頭頂部の髪が透けてスカスカの状態になり
とても悩んでいました。

そこで健康雑誌「壮快」で読んだ卵の薄皮ローションで
頭部を軽くマッサージし、地肌にとくなじませました。

すると、1カ月もしないうちにスカスカだった頭頂部に
産毛が生えてきました。以降も続けるうちに
確実に髪が増えたそうです。

以前は髪にコシがないせいか、髪が全く立ちあがらず
ペタっと髪が頭に張り付いたヘアスタイルしかできませんでした。

しかし、たま卵の薄皮ローションのおかげで髪が立ちあがるようになり
ボリューム感がUP。朝、ローションをつけて手ぐしで髪を立たせて
お出掛することができるようになりました。

◆47歳 Cさん(男性)

Cさんは、頭頂部が円形に薄くなり
てっぺんは地肌がマルみえでした。

そこで、卵の薄皮ローションを1日2回使用し
頭皮マッサージを実践。

すると、1カ月ほどで産毛のような黒い髪が
薄くなっていた部分に生えてきたのです。

さらに使用を続けたところ、細くなっていた髪が
ところどころ、しっかりとした太い毛に変化し
今では地肌はほとんど目立たなくなっているとのこと。

周囲の人からも「前よりも髪が濃くなった?」
と言われるほど変化に表れ、今後も続けていきたいと
おっしゃっています。

【卵の薄皮ローションのやり方】

用意するもの
・生卵10~15個
・ホワイトリカー(甲類焼酎)200ml

①生卵の殻をよく洗ってから割る

②内側にある薄皮をはぎとり、風通しの良い場所で
カラカラになるまで乾燥させる
このとき、殻を1時間ほど水に漬けておくとはがしやすい。
※薄皮に殻が多少残っていても問題はない

③薄皮をガラス瓶に入れホワイトリカー(甲類焼酎)200mlを注ぎ
蓋をして冷暗所に1週間ほどおく

④育毛剤ローションの完成
完成後は冷蔵庫で保存し、2週間ほどで使いきる

ローションとして使用する際、薄皮は取り除いても取り除なくて
どちらでもOK。多少、白濁していても問題はない

スポイトなどで、地肌にローションを直接つけ
指先でなじませるように軽くマッサージすると効果的です。

【卵の薄皮ローションを使用する際の注意点】

必ず使用する前に、腕の内側など肌の柔らかい部分で試してみて
異常がないのを確認してから使用するようにしてください。
万が一、肌に異常が表れた場合には、すぐに使用を中止してください。

【卵の薄皮ローションの応用編】

卵の薄皮ローションは育毛剤だけでなく、化粧水にもピッタリ。
というのも卵の薄皮には、ヒアルロン酸が含まれています。

ヒアルロン酸には保水力・コラーゲンの保持・シミ防止
お肌の新陳代謝を高めるなどの効果があるので
肌がしっとりしてシワが目立たなくなるという効果も期待できます。

ローションだけでなく、化粧水にもぜひトライして頂きたいですね。

【卵の薄皮化粧水のやり方】

①前述のローションで作った原液50mlを同量の水で薄めます

②グリセリンを小さじ1~2杯(5~10ml)加える
※アルコールに弱い人は、原液を湯せんしてアルコール分を
飛ばしてから混ぜるとイイでしょう。

③卵の薄皮化粧水の完成

こちらも保存容器に入れたら冷蔵庫で保存。
2週間程度で使いきりましょう。

卵の薄皮ローション・化粧水は天然素材でお肌に
優しいのが特徴です。ぜひ一度、お試しください。
2017-03-04_113240

【当サイトでよく読まれている記事】
薄毛・白髪が紅茶スプレーで改善!ヘナヘナ髪がボリュームアップする秘密とは?
湯シャンが危険というのは本当か?2016年5月から実践中の体験記
育毛にはきな粉ドリンクが効果あり!頭頂部に毛が生えたなど体験談まとめアリ!
セラドームの効果は育毛にどれだけあるの?秘密は頭皮への○○○レーザーにあり!!
シリカ水は発毛に効果があるの?その秘密は○○にあった!!

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)