抜け毛の悩み解消は爪もみ療法で!爪もみのやり方を覚えて発毛効果を実感!!

スポンサードリンク

271f58088fdf3aa7536bde3dff088024_s

アナタは爪もみという家庭療法をご存知でしょうか?
爪もみでは、爪の生え際の「井穴」というツボをもみます。
井穴は東洋医学において気が流れるとされるツボです。

爪もみは、自宅で簡単に実践でき効果の高いセルフケアとして
福田稔医師(故人)が考案された家庭療法です。

髪と爪はどちらも皮膚の一部で、どちらも体の末端に
位置する組織です。

スポンサードリンク

したがって交感神経の緊張で頭皮の血流が不足している人は
指先の血流も悪くなっているケースが少なくありません。

こういう人の爪は、栄養不足ででこぼこになったり
ボロボロになったりします。

そういえば、最近、よく爪が簡単に割れるようになったなぁ
と感じるようになりました。これって完全に栄養不足ですね。
改善しなくては・・・

と、こんな感じで爪は全身の血流状態が表れる場所なのです。
逆にいうと爪をケアすることで全身の血流が改善されるので
この爪もみが効果を発揮するのです。

爪もみを行えば指先の血流が増え、交感神経の緊張も
緩和されるのでイイことずくめなのです。

そして、爪の状態が良くなってくれば血流が良くなった証
なので、頭皮の血流も改善してきたサインになります。

日頃から抜け毛や脱毛症に悩んでいる方も
少しずつ快方に向かうでしょう。

【脱毛が起こるしくみ】

ここで、なぜ抜け毛や脱毛がおこるのか?
永野病院の院長をつとめる永野剛造先生は
そのしくみについてこうお話されています。

加齢や心身の疲労は、いわゆる基礎代謝エネルギーの
低下です。新陳代謝が減ると脱毛が促進します。
これはすべての脱毛に共通する要因です。

先ほど、髪と爪は体の末端にある説明しました。
つまり酸素や栄養が行きわたりにくい部分なのです。

しかしながら、髪は1カ月に1㎝も伸びることからも
細胞の分裂が盛んなのです。

逆にいうと、これだけのペースで成長するためには
多くの酸素や栄養、エネルギーが必要です。

そのため頭皮への酸素や栄養が不十分だと
脱毛や白髪が多くなります。

このように髪は非常にデリケートで、免疫系の低下や
栄養不足、体調不良を如実に教えてくれる部位でもあるのです。
おわかり頂けたでしょうか?

【心身のストレスが髪に与える影響】

さらに抜け毛・脱毛が起こる大きな要因として
見過ごせないのが心身のストレスです。

過剰なストレスを受けると自律神経のバランスが乱れ
交感神経が緊張状態になります。

すると毛組織に栄養を送る頭皮の血管が収縮し
血流不足に陥るのです。

当然、血流が不足すれば栄養障害が起こり
不完全な細胞が多くなります。

このようないわゆる不良品の細胞を
排除する働きをするのが
白血球中のリンパ球です。

栄養不足によって毛組織の不良細胞が増えると
リンパ球が過剰反応をおこして毛根を攻撃してしまいます。

そして、毛根がダメージを受けることによって
髪の毛が抜けおちてしまうのです。

【抜け毛・脱毛に悩む方に共通する特徴】

抜け毛に悩む方に共通しているのは
・きまじめな性格
・肩コリ
・冷え性

が挙げられます。

これは、交感神経が緊張して血管が収縮し
血流障害を起こしている証拠です。

ここで、役立つのが爪もみです。
爪もみすることで、自律神経が整い
全身に気が巡ります。

全身に血液とエネルギーが充満してくれば
頭皮に栄養が行き届くと同時にストレスにも強くなります。

【いつでもどこでもできる「爪もみ」のやり方】

・刺激する場所
手足の爪の生え際から2mmほど
指のつけ根側を刺激していきます。

・刺激のしかた
例えば、左手の指を刺激する場合は
その指を右手の親指と人さし指で
挟みこんで刺激してください。

・刺激の目安
ギュッギュッともんでも
ギューッと押し続けてもOKです。

少し痛いけど気持ちイイくらいが目安です。
※出血するほど強く刺激するのは厳禁です。

・刺激する時間
両手両足の指を10秒ずつ刺激します。
足の小指だけは20秒ずつ刺激します。

また、10秒の指も痛みや違和感があった場合は
20秒刺激するようにしてください。

爪もみは1日2~3回、両手両足の指を
刺激することで効果があります。

【爪もみの効果】

爪もみは、円形脱毛症だけでなく加齢による
脱毛や薄毛にも効果が期待できます。

いつでもどこでも場所を選ばす、気軽で
簡単に実践できる家庭療法なので
ぜひ役立ててください。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)